幼少期にプランクトンの図鑑を見た時、透明な水の中にはたくさんの生きものがいるということに衝撃を受けました。
自分の目では見ることが出来ない生きもの、その生きものの細胞、その細胞を構成する分子…。
そんな果てしなく続くような“見えない世界”に想いを馳せ、探検するように絵を描いています。

中野 美涼 Misuzu Nakano​​
​​​​​​​
1993.9 千葉県生まれ 
2015.11 個展「生命の黒」 改正湯 
2016.3 東京工科大学デザイン学部デザイン学科卒業 
2018.10 Sony’s FES Watch U Creative Festival 公認クリエイター選出

Back to Top